ハチを駆除する

有刺鉄線

ハチに刺された被害件数は増加傾向にあります。7月から9月くらいにハチが精力的に活動するので、この時期に被害件数も、ハチ駆除件数も集中しています。家のまわりで刺されたのであれば、アシナガバチかキイロスズメバチの可能性が高いでしょう。どちらも、軒下や木の枝などに巣を作るからです。でもアシナガバチは、ほとんど攻撃はしてこないので、気性の荒いキイロスズメバチに刺されることが多いでしょう。しかも、キイロスズメバチは市街地や都会への適応能力が高いのです。ですから、巣もどこへでも作るのです。今ではキイロスズメバチの進出により、昔は少なかったハチ駆除業者も増えています。もし、蜂の巣を見つけたら、すぐにハチ駆除業者を呼ぶことをおすすめします。

これからはもっとハチ駆除しなくてはならない時代となるでしょう。ハチに刺されても薬を塗れば治るのであれば、それほど問題視する必要はないでしょう。もちろん、そうではないのです。刺されると命を落とす危険性があるからです。ハチに二度刺されたときに、人はアナフィラキシーショックで、重症化して死ぬ可能性があるのです。そのような危険性を秘めたハチを放っておくわけがないのです。きちんとハチ駆除をしてもらわないといけないでしょう。それなのに、自分で駆除しようとする人がいます。技術もない素人ですので、非常に危険なのです。ましてや近所の人にも被害が発生する可能性もあります。そのような人たちのに、結果より安全に駆除できることが大切だと伝えるのもハチ駆除業者の仕事のひとつでしょう。